意外にも知らなかったヘッドフォンの選び方

ステレオコンポを始め、ポータブルラジオでも、ヘッドフォンを変えると音がよく聞こえることがあります。最近は、移動中にヘッドフォンを使っている人をよく見かけます。ヘッドフォンにも色々な種類がありますが、ヘッドフォンを選ぶ際に重要になるポイントをいくつか上げたいと思います。

第一に、高級なヘッドフォンでも、かけていて耳が痛くなるのではどうしようもありません。これには耳の形など個人差がありますから、使う本人が店頭に行って試しに着けてみることが必要です。
ヘッドフォンに限らず、オーディオ機器などが騒々しい店頭で試聴しても性能はわかりませんので店頭では、まずはかけ心地、それ以外に価格やデザインを見るくらいにしておきます。

他にも、ヘッドホンには大きく分けて密閉型とオープンエアー型があります。オープンエアー型は、その名の通り音が外に盛大に漏れるので、周囲の人にとっては大迷惑になります。公共の場には、オープンエアー型は不向きです。特に、格安のヘッドホンにはオープンエアー型が多いため注意が必要です。
外見ではどちらかわからない場合でも、パッケージには必ず密閉型かオープンエアー型かの表示があるので、確認が必要です。 試着してもすぐに決められない場合は購入者のコメントや評価をを参考にするのもいいと思います。



ヘッドホン 最新人気ランキング

世界的プロダクトデザイナー、Philippe Starck(フィリップ・スタルク)による「Zik」は、音楽をより楽しむための機能が凝縮したワイヤレス・ヘッドフォン!!
強力なデジタル・サウンドプロセッサ(DSP)アルゴリズムによって、音楽が自分の前方から聞こえてくるような印象を与えてくれます。
外部ノイズを98%も低減する高機能のアクティブ・ノイズコントロール(ANC)システムを採用していますので、周りの騒音を遮断し音楽に集中することができますよ。
さらにスマートフォン同様、精度の高いタッチパネルを装備し、音量調整や楽曲のスキップ、ハンズフリー通話の通話/終了/拒否など直感的な操作が可能!!

原音イメージそのままのどこまでもピュアな音質!!レコーディングスタジオやポストプロダクション、放送局など、プロの世界で求められるクオリティと耐久性を徹底的に追求し、独自に開発したドライバーユニットを採用しています。これにより歪みの少ない原音イメージそのままのクリアな音質の獲得に成功しています。
独自開発のドライバーユニット採用により、モニタリングに必要な分解能(検知限界)も大幅に向上しています。音の輪郭から定位、エコーの拡がり感などの微妙な違いをつぶさに再現し、“本物の音”を耳に伝えます。
耐入力やフレーム・カバーの強化により、音のクオリティを重視するとともに、レコーディングスタジオや放送局などでの使用に耐えうる耐久性・安定性を実現しています。様々な条件をプロの立場から追求することにより、スタジオエンジニアやミュージシャンからの高い評価と信頼を得ています。

デジタルワイヤレス方式を採用しながら、価格を抑えた注目のデジタルワイヤレスヘッドフォン!!
音質に関してもJVCらしいこだわりが反映され、とてもコストパフォーマンスの高い製品に仕上がっています。 スタンドを兼ねたトランスミッターは、フランジが収まる部分に充電用の端子があり、ヘッドフォンを置くだけで自動的に充電がスタートとなり、とっても便利!これでいざ使おうと思ったときにバッテリー切れだった、という事態はなくなりますよ。

公園でのんびりと読書・・・と思っても、意外と周りの騒音が気になってしまうもの。そんなときにこのSmith&Wesson サプレッサーイヤーマフを使えば、簡単に自分ひとりの静寂の世界を手に入れることが可能です。
外部の音を遮断することで集中力もUPするので、読書以外でも勉強や睡眠時の仕様に適していますよ。 世界に名高い銃器メーカー、スミス&ウェッソン社の射撃練習用に作られたものなので、遮音性は抜群です。耳の位置によってカバーの位置を調整することができます。大きめのイヤーカバーが耳全体をすっぽりとホールドしてくれます。